中小路健吾の雑感独言

6月定例会 一般質問!

京都府議会6月定例会は今週1週間、代表質問・一般質問が行われます。

私自身は6月26日(木)の午後から一般質問を行う予定です。

今回取り上げる質問は下記の3点。

① 京都府における今後の公共交通政策の展開について

来年春の京都縦貫自動車道の全線供用開始を受け、今後、本府の広域的な公共交通ネットワーク(鉄道やバス交通)づくりに向けての方針。

昨年12月に成立した「交通政策基本法」。本年5月に改正された「公共交通活性化・再生法」「都市再生特別措置法」などコンパクトシティを目指すまちづくりへの法整備が進められていることを受け、今後の府の取組み。

公共交通の充実に向けて、利用者全体のパイを拡大していくことが不可欠。そのための具体的な取り組み。

等について、京都府の考え方を問います。

② 難病患者支援の充実・強化について

本年5月に「難病医療法」が成立をし、来年1月1日から施行されます。

この法律は、これまでの予算措置から難病患者支援を法的に位置付けた大きな一歩です。

こうした中、具体的な事業を行っていく京都府としての姿勢や取り組み状況、医療提供や相談体制などの充実に向けた取り組み内容を伺います。

③ 「京都府森林の適正な管理に関する条例案」について

6月定例会に提案されている「京都府森林の適正な管理に関する条例案」。

災害防止に向けて、危険な森林の指定、指定された森林の所有者の責務、その責務に基づく防災措置命令や違反した際の罰則などが規定をされます。

一方で、高齢化が進む森林所有者や権利関係が不明な森林や地主が地域に不在なケースの存在など、実質的に森林管理の適正化を進めるためには課題もあります。

そうした課題に本府としてどう取り組むのかを問います。

実際の登壇時間が決まりましたら、またお知らせをいたします!