中小路健吾の雑感独言

京都府北部視察

2014-06-04sisatsu-0056月3日から4日にかけて、民主党京都府議団での京都府北部での管内調査を実施。

今回の調査先は、

・航空自衛隊経ヶ岬分屯基地:Xバンドレーダーの建設に向けた状況調査

・京丹後市:市民太陽光発電所および木質バイオマス工場の取組み

・北京都ジョブパーク:福知山市内での移転状況の確認
なかでも、京丹後市での太陽光発電事業と木質バイオマスの活用事業は、私自身、最も興味をひかれるものであった。

自然エネルギーの拡大そのものは、現在のエネルギー情勢からいって必須ではあるし、環境面からも時代の要請ではある。

しかし一方で、これまで「地域資源」とは認識されていなかったり、「地域資源」として活用され切っていなかったものを、いかに活用する仕組みを作るのか。

そして、そこから生まれる価値をいかに地域内で「循環」させていくのか。

経済的に生じる価値、エネルギー源、人や雇用を、地域外に流出させるのではなく、地域内で「循環」させる視点が、これからの地域経営、自治体施策には必要だと思う。