中小路健吾の雑感独言

京都府議会2月定例会 閉会

京都府議会2月定例会が昨日閉会をした。

知事選を控えた骨格的予算として編成をされた総額8,968億円の平成26年度一般会計当初予算案ほか、議案86件がいずれも原案通り可決、同意をされた。

また、条例関係では、公衆の目が触れる場所での盗撮を禁止とする「京都府迷惑行為防止条例」が一部改正や、私も本会議で取り上げてきた「京都府障害のある人もない人も共に安心していきいきと暮らしやすい社会づくり条例」などが成立をした。

また、「ウイルス性肝炎が原因である肝硬変・肝がんの患者への支援を求める意見書」や「微小粒子状物質(PM2.5))に係る総合的な対策の推進を求める意見書」、「3ワクチン(おたふくかぜ、B型肝炎及びロタウイルス)の定期接種化に関する意見書」など7意見書が全会一致で可決された。

<2月定例会の議決結果>    http://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/h2602-te/1402-ke.html

<可決された意見書>            http://www.pref.kyoto.jp/gikai/katsudo/tere/h2602-te/1402-ik.html

本会議の最後には、任期満了を迎える山田啓二知事の挨拶、議会を代表しての多賀議長の挨拶などもあり、いよいよ本格的に知事選挙に入っていく。

京都府知事選挙は3月20日告示、4月6日投開票で行われる。