中小路健吾の雑感独言

2月定例会 常任委員会

京都府議会2月定例会は昨日、今日と常任委員会が開催された。

所属する農商工労働常任委員会では、私自身も質疑を行った。

昨日の報告事項では、現在、京都府が検討を進めている「森林の適正な管理に関する条例(仮称)」について質疑。

この条例は、土砂災害等の原因にもなり得る森林の荒廃に対して、森林の所有者の責務等を明らかにしようとするもの。地質、地形、林況等から府民の生命等に危害を及ぼす災害の原因となる可能性のある森林を「要適正管理森林」として指定をし、適正管理義務を課すほか、場合によっては防災措置命令が出せるようにしようとするもの。

私からは、指定に向けての対象地域の想定について質問。あくまで限定的、必要最小限の指定を想定しているとのこと。

また、全体の3割近くにのぼる所有者が不明な場合の対応などの課題も指摘をさせていただいた。

また、本日の所管事項では、

  • 乙訓地域雇用創出活力会議の今後の取り組み
  • 国家戦略特区内における雇用制度の柔軟化に対する京都府の考え方
  • 京都の西部地域に対する観光振興の課題

などを取り上げた。

明日は、関西広域連合に関する特別委員会がおこなわれる。