中小路健吾の雑感独言

京都府交通安全基本条例:成立に向けて

2014.09.29gikai 001京都府議会9月定例会は明日30日、中間の本会議が行われ、補正予算案等の議案が採決をされる予定。

そんな中、本日開催された議会運営委員会で、これまで超党派の政策調整会議で検討を進めてきた「京都府交通安全基本条例案」が全会派一致の議員提案で明日の本会議に上程される見通しとなった。

この間、24回の会議や府民との意見交換会、パブリックコメントを実施。

今回の条例案は、悪質な交通ルール違反は当然のことながら、軽微な違反すら許さないという社会機運を醸成していくための理念条例。

自動車運転者はもちろん歩行者にも責務を課し、昨今見られる「歩きスマホ」などにも注意を促す内容も含まれる。

また、日常的な悪質運転について知った府民は警察等への通報義務を課すほか、老齢や病気等による運転の危険性が生じた場合には家族を含めしっかり話し合うことを求める内容も入っている。

また、府民から提案をいただいた、外国人観光客や大学生の交通マナー向上などについても触れるなど「京都らしい」項目も入っている。

私自身、今回の議員提案条例の検討に参加させていただき、多くの勉強をさせていただいた。

議論をともにした委員の皆さん、事務局の皆さんに心から感謝を申し上げたい。