中小路健吾の雑感独言

「長岡京市長選挙公開討論会」を終えて

12月27日(土)

先ほど乙訓青年会議所にご主催をいただいた「長岡京市長選挙公開討論会」が終了。

私も一人の候補予定者として参加をさせていただいた。

なかなか他の候補者の政策やご主張を生の声でお聞きをする機会もない中、
ワクワクする時間を過ごさせていただきました。

今回のテーマは、
「市街地整備」「子どもの育成(子育て支援)」「市民と行政のパートナーシップ」の3つを中心に、
それぞれの予定候補が主張を述べるスタイル。

私としては、お伝えしたい内容を詰め込もうとしすぎたせいか、
うまくお伝えできたかどうか不安と反省が…。

最後に申し上げたが、
市長選挙という機会は、まちづくり方向性や取り組むべき政策の優先順位について、
市民全体でそのベクトルを合わせていく大変貴重な機会。

本日は、多くの方々にお集まりいただき、そうした機会への一つの役に立てていれば幸いです。

主催をいただいた乙訓青年会議所の皆さん、
そしてコーディネーターをお努め頂いた同志社大学の新川達郎先生にも感謝申し上げます。